Facebookの新社名は「Meta」。メタバース実現へ

やってみよう、そして笑おう

Facebookの新社名は「Meta」。メタバース実現へ

Facebookは28日(米国時間)に開催した「Connect 2021」において、新社名「Meta」を発表した。同社のプラットフォームとテクノロジーをすべて包括し、FacebookやInstagram、Messenger、WhatsAppなどのサービスブランドは継続しながら、社名はMetaとなる。

Metaの社名は「メタバース」から。Metaではメタバースの実現と、人々が友達や家族とつながり、コミュニティに参加し、ビジネスを成長させることができるよう注力していく。

Facebookでは、Oculusなどを中心にメタバースの実現を目指してきた。メタバースでは、現在のオンライン上でのソーシャル体験を掛け合わせるだけでなく、3次元への拡張や時には現実世界に投影なども行なわれる。メタバースでは、離れた場所にいる人とも没入体験を楽しみ、現実世界では不可能なことも一緒にできるようになる。

マーク・ザッカーバーグCEOは、「ソーシャルテクノロジーの長い歴史における次なる進化」と強調し、Facebook改めMetaの方向性を強調している。

同社のConnectカンファレンスは、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)の開発者、コンテンツクリエイター、マーケターなどが参加。メタバースにおける体験について、ソーシャルなつながり、エンターテイメント、ゲーム、フィットネス、仕事、教育、コマースといった観点から紹介したほか、Quest 2で次世代の複合現実体験を可能にするPresence Platformなどを発表。また、次世代のクリエイターを育成するための没入型学習に1億5,000万ドルの投資を行なう。

すでにWebサイトの社名表記などもFacebookからMetaに変更されている。Metaへの変更後も企業体制は変わらないが、財務に関するレポートは変更。2021年第4四半期から、FacebookやInstagramなど「ファミリーアプリ」とメタバース関連の「Reality Labs」の二つの事業セグメントに分けて報告する予定。銘柄コードは12月から「MVRS」となる。

https://www.watch.impress.co.jp/docs/news/1362358.html